技術情報 Vol.03

2020年11月7日掲載

Adobe Acrobat X Proの場合

IllustratorでPDFを部品として使う場合、使用するPCにインストールされていないフォントは置換されたり文字化けを起こしてしまいます。この様な場合Acrobat ProでPDFをアウトライン化することで不具合を防ぐ事ができます。

まずIllustratorで①適当な大きさの部品を作成して、不透明度を0%にします。

そのファイルを「透明.pdf」という名前でPDF形式で保存します。

AcrobatX Proでアウトライン化したいPDFを開きます。「ファイル」メニューから「プロパティ」をクリックして「フォント」タブをクリックしてフォントが埋め込まれていることを確認します。

「表示」メニューから「ツール」→「ページ」を選択もしくはウィンドウ右側の「ツールタブ」から「ページ」タブをクリックします。

「透かし」タブをクリックして「透かしを追加…」をクリックします。

「透かしを追加」ウィンドウが開いたら「ソース」の「ファイル」の選択ボタンを押して、先程保存した「透明.pdf」を読み込みます。

その他の部分はそのままで「OK」ボタンを押します。

次に「ツールタブ」から「印刷工程」タブをクリックし、「分割・結合プレビュー」をクリックします。

「分割・結合プレビュー」ウィンドウが開いたら「すべてのテキストをアウトラインに変換」にチェックを入れて、

アウトライン化する範囲を選び、「適用」ボタンを押します

以下のようなダイアログが表示されますが「OK」を押して続行します。

「ファイル」メニューから「プロパティ」をクリックして「フォント」タブをクリックしてフォントが空欄になっていればアウトライン化は完了です。これで文字が置換されたり文字化けする事は、はありません。

 

以上